今大きく注目されている介護職!!現在の介護需要と介護職の将来性とは?!

日本で進む超高齢社会の中で、現在、介護職の人手不足の波は大きく広がっています。介護職は、今後の日本を支える職業として大きな期待を寄せられており、介護職の人材の需要は膨らんでいます。ここでは、そんな介護職の現状、将来性、仕事のやりがい等について見ていきたいと思います。

現代における介護を取り巻く環境について

介護 求人 千葉,介護 転職 千葉

今後は要介護者が増加傾向を辿る

高齢化社会が進む日本では、今後は要介護者が増え続ける事が予測されています。2025年には、要介護率が多くなると言われる75歳以上の人口が、日本全体の人口の約25%を超えると言われています。将来、要介護者が増えると言う事は、その分その人達を介護する人が必要になると言う事です。従って、日本における介護のニーズは、これからも上昇し続けると言えます。
その一方で、日本の総人口は現在減少傾向にあります。2048年には総人口は一億人を割り込む事が予測されており、さらに2060年には9,000万人弱に減少すると言われています。今後日本で要介護者が増える事が予測されている一方で、人口減少によって介護の人手不足に陥ってしまうと言う事が、現代の介護課題の大きな問題の一つになっています。

介護を行う人手不足が深刻な問題になっている

現在、介護業界では人材不足に悩まされています。2015年では人材不足が4万人と言われていましたが、現在は人材不足が進み2035年には約80万人弱の介護人材が不足されると言われています。このように、現代の介護分野では人材不足が深刻な問題になっており、現在でも約70%弱の介護施設では、人手不足で悩んでいる所が沢山あります。
人手不足の原因で、最も言われている事は給料の低さです。しかし、給料に関しては各施設や企業によって待遇が大きく変わってくるので、そこは実際の介護求人を確認する事が大切です。また近年、介護職の給料について国による処遇改善の準備がなされており、待遇が良くなる事から介護職を目指す人も増えています。

国の介護職の対策が手厚くなっている

現在の日本における高齢化社会や、介護の人手不足を踏まえ、様々な取り組みが国によって行われています。厚生労働省では、介護職の勤続が10年を超える介護福祉士において、月額8万円の給料アップを計画しています。他にも、働き方改革で介護業務内容の見直しが行われたり、ペーパーレス化が進められたり、介護職の仕事も色々と変化しつつあります。今後の日本の状況を考慮すると、介護職の待遇や環境はさらに改善されていく事が期待できます。

介護職について

介護 求人 千葉,介護 転職 千葉

介護職

介護の仕事と言うのは、老人ホーム等施設内で高齢者の身の回りの世話を行う仕事であり、主に利用者の日常生活における生活をサポートします。介護では、利用者自身が自分らしく生き生きと生活を送る事を目指しています。介護職は、介護保険制度上、特に無資格であっても就業できる仕事になります。しかし、多くの施設ではホームヘルパー2級以上を望む場合が多く、介護福祉士資格があるとより就職に有利に働きます。

介護職の主な仕事内容

介護職の主な仕事内容ですが、毎日の起床から始まり夜の就寝まで、日常生活の日々の活動を全てにおいてサポートしながら働きます。なので、介護職員は大体24時間体制で介護を行っており、勤務は交替制で行われます。利用者が日常生活を送る上で、障害、病気、筋力低下等により自立して行う事のできない部分を援助していきます。
朝は着替え、洗顔、排泄の介助をはじめ、食事、服薬等の介助も行います。日中には、利用者の趣味活動、手作業、体操等、指導したり見守ったりします。そして夜は、入浴をはじめ、夜勤で「トイレに行きたい」等のナースコールに対応しながら、24時間体制で利用者の介護を行われています。

介護職のやりがいや魅力について

介護 求人 千葉,介護 転職 千葉

スキルアップできる

介護職の中でも、国家資格を有する介護福祉士になると、その知識を活かして自身のスキルアップに繋げる事ができます。高齢者や身体不自由者の食事介助、排泄介助、入浴介助、就寝時の体位変換、車椅子介助等の動作補助、利用者とのコミュニケーション力、レクリエーション等、生活支援全般において様々な経験をしていく事で技術をより沢山身に付ける事ができます。また介護業界では、介護技術や介護知識と言うのは日々新しくなるので、カンファレンスで学ぶ機会も豊富にあります。介護福祉士は、色々なタイプの利用者と接していく職業であるからこそ、日々自分のスキルアップを実感する事が、介護職のやりがいにも繋がっていきます。

利用者や利用者の家族から感謝される

介護職では、毎日、高齢者、身体不自由者、そのご家族の方と接していきます。普段から利用者の生活に関わりながら時間を共に過ごしていく仕事でもあるので、介護職員の事を家族のように思ってくれる利用者の方は沢山います。利用者をはじめご家族の方等から感謝の一言をもらう機会もあります。それが日々の仕事の活力となったり、介護職のやりがいに繋がったりするのです。

利用者の生き生きした姿を近くで見る事ができる

介護の仕事と言うのは、ただ単に高齢者や身体不自由者の生活をサポートする事だけが役目ではありません。時には、利用者の日常生活における自立や、見守っていく事等も、介護の仕事なのです。利用者の姿を見守る中で、介護職員のフォローがなくても活動ができるようになった瞬間を見る機会にも巡り会います。自立して生き生きした姿を近くで見る事は、利用者はもちろん職員にとっても嬉しい事であり、それは介護職のやりがいの一つと言えます。

利用者の色々な人生を知る事ができる

介護職に就くと、高齢者や身体不自由者など、多くの利用者と日々接していく事になります。利用者一人一人の生活支援をサポートする際には、利用者から色々なお話を聞く事ができます。その人がどんな経験をされ、どんな趣味・関心があるのか等、利用者の人生に触れる機会が多くなるので、その人の人生観を知れたり、職員自身の見聞を広めるきっかけにもなったりします。

介護業界の将来性について

介護 求人 千葉,介護 転職 千葉

今後も処遇改善が期待される

介護業界は今後も、処遇改善を期待される職業になっていく事が期待されています。2019年10月からは、勤続10年を超える社会福祉士の給与の月額8万円アップが実行されます。また、業所内には必ず年収440万円を超える社会福祉士が一人以上在籍していなければならない規定も設けられるようになります。
「介護士の仕事が大変」と言われている理由の一つには、介護職員の人手不足が大きな要因です。今回の処遇改善で改善されていく事で、介護職の将来は明るくなる事が期待できます。現在は、働き方改革によっても介護の仕事内容見直し、仕事の細分化が進められており、介護現場が働きやすくなる未来はそう遠くありません。

増え続ける介護職のニーズ

昨今、色々な企業が介護分野に進出してきています。例えば、コンビニエンスストアの店内に、介護相談窓口とサロンを併設すると言う、新しい試みもなされています。また、高齢者に向けた食事や生活用品等、便利な宅配サービスを提供している企業も増えてきています。このように、日本の介護を取り巻く環境と言うのは、この先もさらに変わっていく事が予想されます。介護職は「大変できつい」と思われやすい仕事ですが、将来はそのイメージが一変する可能性を秘めています。介護の仕事を経験して知識や専門資格を習得も可能なので、新しい世界に自分をキャリアアップさせる事もできる職業なのです。

女性が活躍できる職場

現在、介護紹介では多くの女性の社会進出が増えています。近年、女性の介護職就業者数は過去最高を記録しています。これからの時代と言うのは、女性も子育てを行いながらも仕事をする事が当たり前になっていきます。介護職は、夜勤があるので生活が不規則になってしまいがちですが、デイサービスならば日中だけで日曜日も休日になっており、女性にとって働きやすい職業でもあります。仕事内容に関しても、食事準備や掃除と言うように、普段の家事仕事を活かす事ができ、女性が活躍できる場として注目されている職業になっています。